天皇杯神奈川県予選 VS 関東学院大学【結果】

前半 1ー1

後半 0ー1

合計 1ー2

得点者 高橋孝友

前半早々に相手選手が頭を強く打ち救急搬送。約20分の中断後試合再開となりました。前半にショートカウンターから今大会初先発の高橋孝友が先制ゴールをあげます。しかしその後はボールを持たれる時間は長いものの、一進一退の攻防が続く。前半残りわずかなところで右サイドを破られ折り返しを綺麗に合わせられ同点とされます。

後半は前半以上に関東学院大学の素晴らしいボール回しに走らされる時間が続きます。何とか耐えて乗り切ろうとするも、キーパーとディフェンスラインの間にボールを運ばれるシーンを何度も作られます。残り時間少ないところでロングボールからキーパーと相手FWが入れ替わり、カバーに入った若山瞭太が身体を張ってゴールを守ろうとするもPKを献上。そして一発退場。そのPKを決められそれが結果的に決勝点となりました。

悔しい気持はありますが、相手選手の気持ちの強さと、綺麗なパス回しは見習わなければならないと素直に思います。また怪我をした選手の容態が気になります。1日も早い回復をチーム一同、心よりお祈り申し上げます。

その後トレーニングマッチの為選手は日産追浜Gに向かいました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中